結婚で悪いと思われることは永続的なものでなく、その一時期の大変さなのかもしれません。

結婚の良いところ悪いところ

 

結婚の良いところと悪いところを紹介致します。
どんなことにも良いことと悪いことの両方が存在します。
また、同じような問題があったとしても当事者達の意識や行動次第で解決出来るものもあります

 

良いと思っていても時が経つにつれ悪いところになったり、悪いと思っていても続けているうちに好きになっていることなどがあります。

 

その人自身のものの捉え方によって良いところと悪いところも違ってきますが、一般的に言われていることをピックアップします。

 

結婚の良いところは、寂しくない。仕事や家庭だけに専念出来る。人間関係などの付き合いの幅が広がる。社会的信用がある程度できる。子供が出来ると何よりかわいい。自分の人生をもう一度やり直すような感覚が味わえる。
独身の場合、自分で料理、洗濯など家事を自分でしなければいけませんし、休みの度に飲み相手、遊び相手を探さなければいけませんが、結婚していることで休みの日は家庭に専念して仕事の日は仕事に専念することが出来ます。などがあります。

一方、悪いところは、自由な時間が無くなる。常に周りに人がいる共同生活がストレスになることがある。趣味に時間もお金もかけられない。もちろん浮気が出来ないため女性と遊べない。大人同士の付き合いが面倒(結婚相手の親族付き合いや近所の付き合い、子供の学校関連の付き合いなど)。などがあります。

 

結婚生活では共同生活が逆にストレスになることがあります。

 

奥様が家の家計や掃除など管理をすることで、邪魔者扱いされたり、口うるさかったり、小遣いが少なかったりなどの独身ではない我慢をしなければいけない点が多くあります。

 

いかがでしょうか。
総合的にみると結婚では悪いと思われることも多く存在します。

 

ただ、これは永続的なものでなく、その一時期の努力であったり大変さのような気がします。

 

子供のいる方は子供が成長し、時間がたてば自分の人生にも返ってくるもの(子供を通して趣味が出来たり、人脈が広がったり、孫が出来たり、介護されたりなど)です。

 

結婚の良いところ悪いところをしっかり把握したうえで、前向きで生産性のある楽しい人生を送れそうな選択をしてみて下さい。